CMSサポートブログ
TOP > CMSサポートブログ > 紙の販促物からWebサイトへのアクセス流入を簡単に測る方法

紙の販促物からWebサイトへのアクセス流入を簡単に測る方法

お役立ち 2015/12/21
CMSサポートブログ

こんにちは。サポートの浅野です。

Webサイトへの流入方法はWebサイトからWebサイトへと
流れているだけのように思われがちですが
中にはチラシや広告を見て貴社のWebサイトへアクセスしている人も
いるのではないでしょうか。

紙からの流入のアクセス数なんて把握できるの?
と思われた方。
とても簡単ですので今後販促物を作る際に試してみてはいかがでしょうか。


販促物に設置するURLの作成方法

Googleが提供する「URL生成ツール」を使用します。
この「URL生成ツール」を使用して、作成すると
Googleアナリティクスの集客>キャンペーン>すべてのキャンペーンへ
遷移するようになります。

作成手順を確認していきましょう。

▽URL生成ツール画面
http://www.cr-fix.co.jp/urlencode/

記入後、送信ボタンをクリックするとURLが生成されます。

生成ツール内の、ソースやメディア・キャンペーン名は
URLに組み込まれますので、半角英数字をオススメします。
(日本語だとWebようになると文字化けしているような表示になります)

生成したURLをチラシに記載すればどのチラシから
Webサイトへ遷移しているのか確認することができます。


URLを短縮しよう

「URL生成ツール」で作成されたURLは
どこからクリックされたのか判別できるように
かなり長くなってしまいます。

チラシなどの紙に記載する際には出来るだけ短くしないと
お客様からのクリック数は少なくなってしまいます。

そんな時に必要になるのがこれもGoogleが提供している
URL短縮ツール「url shortener」です。
https://goo.gl/

先ほど作成したURLを貼り付け、URL短縮をクリックします。

生成画面の下に「ショートURL」として作成されます。
もしくは、長いURLの左側のチェックボックスにチェックを入れていただくと
右側に作成したURL画面が表示され上部に短縮URLが表示されるので
そちらを使用します。


Googleアナリティクス内での確認方法

Googleアナリティクスでクリック数を確認する方法は
左側の集客>キャンペーン>すべてのキャンペーンから
確認することができます。

生成したURLごとにデータを確認することができます。


まとめ

展示会や営業時に使用している紙からのデータを
今まではちゃんと取得していない企業の方が一般的です。
今後はすべての資料をデータ化し、可視化できるようにすれば
営業機会も更に増えるのではないでしょうか。

CMSサポートマニュアル
ブログTOPページへ