TOP > 便利な機能 > ページにログイン認証機能を付与したい > ログインの前後でページの表示内容を切り替える

ログインの前後でページの表示内容を切り替える

ログイン前、ログイン後でそれぞれ別の内容を表示するページを作成します。

 

BowNow認証設定でページ表示内容を切り替えを設定する

①BowNowのログイン認証で表示内容を切り替えたいページのランチャーメニューを開き、「BowNow認証設定」アイコンをクリックします。

②BowNow認証設定ダイアログで「ページ表示内容の切り替え」を設定します。

※「このページ以下の階層すべてを対象にする」にチェックを入れると設定したページの下層にあたるページすべてに同じBowNow認証設定が適用されます。

 

ログイン前のページを編集する

設定前に作成されていたページの内容がそのままログイン前ページになりますので、必要に応じて編集を行ってください。

①BowNow認証設定を行ったページの閲覧画面へ遷移します。

②編集画面へ遷移します。

※ページの編集方法は、通常と同じです。ページ編集機能の詳細はコチラをご確認ください。
※編集画面で保存を行わずにログイン後の表示へ切り替えると、編集内容が破棄されます。

ページにBowNowログインリンクを設置する

BowNowログインフォームに遷移するためのURLを生成するBMタグが用意されています。リンク設定やHTMLソースに記述することで、ログインフォームへのリンクが作成できます。

▼BMタグ:BowNowログインリンク

 

①ページ編集画面へ遷移します。

②リンク編集ダイアログにBM タグ「#」を入力します。

③ブロックを保存します。

※例ではページ内にリンクを設置していますが、共通パーツにリンクを設置することも可能です。
※リンクURLは公開ページでのみ出力されます。ページ編集画面やページ閲覧画面では実際のURLは出力されません。

 

ログイン後のページを編集する

「ログイン後の表示」ページを一度も編集していない場合、「ログイン前の表示」ページの内容が初期表示されます。

①BowNow認証設定を行ったページの閲覧画面へ遷移します。

※「ログイン後の表示」ページを一度も編集していない場合、「ログイン前の表示」ページの内容が初期表示されます。

②編集画面へ遷移します。

 

※ページの編集方法は、通常と同じです。ページ編集機能の詳細はコチラをご確認ください。
※編集画面で保存を行わずにログイン前の表示へ切り替えると、編集内容が破棄されます。
※ブロックがすべて削除された状態で保存を行うと、ログイン前ページの内容がログイン後ページに適用されます。

 

BowNow認証設定後の公開ページの動きを確認する

BowNow認証設定で「ページの表示内容を切り替える」に設定したページにアクセスした場合の動きを確認します。

①BowNow認証設定やページの編集が完了後、再構築を行うことで公開画面に設定が反映されます。

※BowNow認証設定後は「編集中」となりますので、「再構築」を行って公開サイトへ反映してください。

②BowNow認証設定を行ったページの公開側ページにアクセスします。

「ログイン前の表示」で編集したページが表示されます。

※既にログイン済みの場合、ログイン後のページが表示されます。

③対象となるBowNow認証フォームでログインを行います。

BMタグで出力したログインリンクや、BowNowのサイト反映コードを設置して表示されるログインフォームなどからログインできます。設定した認証フォームに登録しているメールアドレス/パスワードでログインします。

④ログイン後の画面が表示されます。

※ログイン後、無操作状態で1時間経過すると自動ログアウトになります。自動ログアウト後は、再度ログインするまでログイン前のページ内容が表示されます。

 

BowNow認証設定を解除する

ページに設定したBowNow認証設定を解除します。

①BowNow認証設定を解除したいページのランチャーメニューを開き、「BowNow認証設定」アイコンをクリックします。

②BowNow認証設定ダイアログで設定の解除を行います。

※「このページ以下の階層すべてを対象にする」にチェックを入れると設定中ページの下層にあたるページすべてのBowNow認証設定が解除されます。

③BowNow認証設定が解除されます。

※BowNow認証設定後は「編集中」となりますので、「再構築」を行って公開サイトへ反映してください。